だーはまろぐ

好きなバンドの紹介や、エロ漫画やその他のレビューを中心とした雑記ブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スミヤ先生の単行本「SAYONARA FAIRIES」が2月22日に発売! 超美麗な表紙が目印です!

211000027679_b.jpg

表紙でビビビッときたのは久しぶりです。
儚げな金髪碧眼ロリの肌色と赤の下着のコントラストが眩しいです。かなり好みな表紙で見た時に「ウオッ」と声が出ました。まだ2月ですが2013年エロ漫画の表紙の中でも、素晴らしいものになるんじゃないかと勝手に思ってます。

さて、スミヤ先生の単行本ですが、茜新社から発売されるみたいですね。

メロンブックスの紹介文はこちら

少女の答えは、「愛」でした。

この世界で一番尊い宝物、それは「少女の愛」。

それを基軸に物語を紡ぎ続ける孤高の作家、
スミヤ先生による、淫靡で美しい「愛」の作品集。
心情の機微と、華奢な肉体の両面において繊細な描写が、
前作にも増して抒情性豊かに表現されています。

表題作「さよならフェアリー」は4本にわたる連作。
金髪碧眼のJCが覚えたてのたどたどしい日本語で喘ぐ様子が激カワ。

「あなたの視界」
憧れの存在だった男性と見知らぬ女性が致しているところを目撃してしまう少女。
戸惑いながらも’憧れの人の弟’で初体験を済まそうと考える。

「月がきれいで」
月夜の晩に塾講師と教え子のカーセックス。密室で細い肢体を犯罪的に弄りまくる。

「ゴシック」
ロリータ服で盲目という何とも耽美な一本。弱々しい表情が嗜虐心を煽る。

「およめさん」
JC同士のハードレズ。百合ってのは男女の恋愛では代替不可な思春期特有の――

「twelve steppes」
モンゴル牧草地帯に訪れたヨーロッパ人は
東洋の素朴な少女と出会う。オリエンタリズム溢れる一本。

ほか描き下ろし漫画も収録!!

少女に、性愛と、幸福を。




店舗特典はこんな感じ。

とらのあな(8p小冊子)
200011248196-1p.jpg

COMIC ZIN(イラストカード)
sumiya_zin.jpg

オータムリーフ(複製原画)
sumiya_autumn.jpg

ダイトアイ(イラストカード)
※表紙と同じ絵柄です。

いやぁ、表紙でグッと引き込まれたコミックスですが、それにとどまらず内容もバリエーション豊かで読み応えありそうですね。素朴少女や盲目の少女など色々ありますが、個人的にハードレズが少し気になります。これを使うことはないだろうけど、単純に読んでみたい…。
一番期待してるのは「さよならフェアリー」で間違いないですけどね。




スミヤ先生のホームページ / twitter
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/02/21 18:05 ] エロ漫画 ニュース的な | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

CustomCategory
最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。