だーはまろぐ

好きなバンドの紹介や、エロ漫画やその他のレビューを中心とした雑記ブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「おにいちゃんには絶対言えないたいせつなこと。」プレイしました!!2013年初寝取られゲーです。

0u7R2.jpg

だいぶ遅くなってしまいましたが、「おにいちゃんには絶対言えないたいせつなこと。」をプレイしました。


意外とプレイ時間は短くて、2,3時間くらいだったと思います。
ちなみにプレイ中は早くシコりたくて仕方なかったので1回見たシーンは全部スキップしてます。
このゲームは共通ルートが長いので1回最後まで見てしまえば進めるのはかなり楽だったりします。


簡単な感想としては良ゲーだったなぁという感じです。
かなーりザックリしてますが、お許しください。

良かった点はCGがそれなりに美麗だったこと、システムのコンフィグが多彩であること、媚薬を使ったプレイとかレイプ等がなかったこと。まぁメインヒロインではないキャラにはレイプしてますけどね・・・


CGは結構僕好みな感じでヒロイン達がかわいく描かれています。


改善して欲しいなと感じた点は、3人目のヒロインの扱いがあまりに酷かったことやエッチなCGとセックスシーンが少しあっさりしすぎてる点です。。
個人的にこのヒロインにも期待していたのでちょっと残念でした。ショートカットではつらつとしてて密かに主人公に思いを寄せるヒロインがキモオヤジに寝取られるなんて最高じゃないですか・・・
ファンディスクみたいなのあれば是非ここも補完して欲しいなぁと切に願ってたり。

CGに関しては完全に好みの問題なのですが、もうちょい表情にバリエーションが欲しかったかな、という点と、汗や愛液といった体液や吐息といった描写が薄い点が少し物足りませんでした。
表情については僕がもっとヒロインの蕩けた顔が見たいというだけです。エッチシーンも同様。
僕が寝取られに求めているのは恋人がいるのに恋人以外の人と性的関係を持って、一時的であっても『恋人との愛情』より『快楽』を選んで溺れてしまうヒロインの浅ましさや、恋人以外の男に与えられる『快楽』に打ち勝つことができないヒロインの弱さにエロスを感じるので、もっと快楽に溺れて欲しかったなというのが正直なところです。

とまぁこのくらいでしょうか。
なんだか批判の方が多くなっちゃった気もしますが、それだけ期待していたし実際の出来も良かったので「もう一声!」といった感じで欲をかいているだけです。

Mink EGOブランド第一弾として見事成功したゲームだと思います。発売数日で初回限定版売り切れちゃったり中古屋でもプレミア価格ついてたみたいで幸先いいスタートが切れたんじゃないでしょうか。
この成果がMink EGOにとっても、他の寝取られゲー作ってるブランドにとっても「いい寝取られゲー作ったら売れる!」みたいに映ってるといいなぁ、と思います。そして、いい寝取られゲーがもっともっと増えるともう言うことはないです。それでシコるのみです。





「おにいちゃんには絶対言えないたいせつなこと。」ホームページ
Mink EGO twitter
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/01/18 01:12 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

CustomCategory
最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。